【探偵 由利麟太郎】見逃し配信を無料視聴できる動画配信サービス

由利麟太郎の無料動画視聴方法 2020年ドラマ

この記事では、ドラマ探偵 由利麟太郎を無料で視聴する方法について紹介しています。

2020年6月16日より放送開始された吉川晃司主演のドラマですが、まだ視聴したことない人は、当記事で紹介している方法で無料で視聴することが可能です。

  • こんな面白そうなドラマ知らなかった!
  • 仕事が忙しくて見れない
  • 寝かしつけで一緒に寝落ちして見逃した!

そんな時に役立つ方法なので、是非実践してみてください!

読むのが面倒なので、簡単に言うと?

結論から言いますと、FODというフジテレビのオンデマンドサービスで視聴することができます(;^_^A

Amazonアカウントがあれば、2週間の無料トライアルがあるので、その間見放題です!

FODプレミアムの無料お試し期間に
「由利麟太郎」を視聴することができます!
↓↓↓由利麟太郎を配信中↓↓↓
FOD無料登録

 

FODプレミアム

探偵 由利麟太郎を視聴できる動画配信サービス

由利麟太郎を視聴できる動画配信サービスはフジテレビが運営しているオンデマンドサービス「FOD」のみとなっています。

FODプレミアム

FODってどんな特徴があるの?

月額料金 888円(税抜)
作品数約40,000本(「独占」見放題タイトル5,000本以上!)
同時視聴数1
画質HD(720p相当)/SD
視聴端末 スマートフォン/タブレット/TV/PC
無料期間初回2週間無料トライアル(Amazon Pay利用時)
ポイント毎月特典として、100円相当のポイントをプレゼント。
更に8の付く日にWebサイトへアクセスする事で、都度400円相当のポイントをプレゼント中。
漫画ポイントで都度購入可能(20万冊以上)
雑誌約120誌が読み放題

 

  1. フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
  2. 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
  3. 毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!
  4. 新番組配信などの更新情報を入手し易い!

 

FODは動画コンテンツだけ配信しているわけではなく、電子書籍で漫画や雑誌も購読することができるんです!

 

なるほど。月額料金ってありますけど、無料でドラマを見る方法ってありますか?

もし無料で視聴したいのであれば、「無料トライアル」を利用することで、見放題コンテンツを無料で視聴することができますよ。

 

◆FODには見放題コンテンツと有料コンテンツの2種類がある

1.ポイントを使用して視聴するコンテンツ(主に映画や電子書籍が多い)
2.登録すれば何度でも視聴できるコンテンツ(主にドラマ系が多い)

漫画などの電子書籍も豊富で、こちらもポイントを利用する事で購入可能です。更に、漫画でポイントを利用すると、利用ポイントの20%が還元されます!

なるほど。ただ課金しまくるサービスではなく、うまく利用すればお得に視聴することができるんですね!

更にお得な情報として、、、
FODプレミアムに加入する事でポイントがプレゼントされます。
有料作品の動画や、漫画(一部無料作品を除く)は、ポイント利用で購入可能!
★今ならFOD プレミアム(月額 888 円:税抜)加入者の特典として、
毎月100 ポイント プレゼント。さらに8 が付く日(毎月 8 日・ 18 日・ 28 日)に FOD サイトにアクセスすると都度400 ポイント がプレゼントされるクーポンを発行中!
ポイント利用が必要なドラマ・映画・漫画、何に使って頂いても構いません。

ポイントも毎月貰えるものと、アクセスするだけでもらえるポイントがあります。何もしなくても毎月1300ポイント(1300円分)が利用可能なんです!

FODプレミアムの無料お試し期間に
「由利麟太郎」を視聴することができます!
↓↓↓由利麟太郎を配信中↓↓↓
ドラマ特集

 

由利麟太郎の基本情報

ドラマ 探偵 由利麟太郎のあらすじやキャストを紹介していきます。

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一(長田成哉)の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。
さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり——。

出典:関テレ

 

出演者
由利麟太郎吉川晃司
三津木俊助志尊淳
等々力警部田辺誠一
波田聡美どんぐり
山岸克平木本武宏
  • 原作
    横溝正史「由利麟太郎シリーズ」
    (角川文庫 刊、柏書房 刊)
  • 脚本
    小林弘利
  • 音楽
    ワンミュージック
  • 演出・プロデュース
    木村弥寿彦 (カンテレ)
  • プロデューサー
    萩原崇 (カンテレ)
    森井敦 (東映京都撮影所)
    福島一貴 (東映京都撮影所)
  • 制作協力
    東映京都撮影所
  • 制作著作
    カンテレ
  • メインテーマ:Brave Arrow
  • エンディングテーマ:焚き火
    吉川晃司
  • 配信限定シングル 発売日:2020年6月16日 発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
  • 原作:蝶々殺人事件(角川文庫) 憑かれた女(角川文庫) 蝶々殺人事件(柏書房)

■蝶々殺人事件のあらすじ

原作のあらすじを紹介します。これを元に作成されているので、視聴前に一読しておくとより楽しめると思います!

終戦後の困窮の中、三津木俊助は探偵小説の執筆依頼を受けたが、構想を決められずにいた。弱りきった三津木は由利麟太郎宅を訪れ、かつて二人が関わった事件を元にした小説を書く許しを求めた。由利から資料や助言を得た三津木は、「蝶々殺人事件」と題した探偵小説を書き始める……

時は昭和12年(1937年)10月19日、前日『蝶々夫人』の東京公演を終えた原さくら歌劇団一行は、大阪公演の初日を迎えるため、2組に分かれて大阪に移動した。歌劇団を主宰するソプラノ歌手の原さくらは夜行列車ではのどに良くないとの理由から、さくらの夫の原聡一郎とさくらの弟子でアルトの相良千恵子との2人が同行して、一足早く19日の午前中東京発の列車に乗って、その日の夜に大阪入りしホテルに泊まり、他のメンバーは19日の夜行列車に乗車して20日の朝に大阪着、ホテルにいったん入ったあと公演会場である中之島公会堂に集合する段取りだった。そのため、さくらのマネージャーの土屋恭三は18日の夜行列車で先発して大阪入りして、大阪でのホテルの手配や後援者への挨拶回りをしていた。

ところが、19日の夜8時に大阪に着いたさくらはホテルにチェックインした後、外出したまま行方をくらましてしまう。20日朝、第2班の一行が大阪に着き、その中には出発を遅らせた聡一郎もいた。土屋は聡一郎に事情を話して、とりあえず一行はホテルに入り、その後公演場所に向かった。2時から稽古を始める予定だが、1時50分になってもさくらは姿を見せず、そのときコントラバス担当の川田が、東京からチッキで送ったはずのコントラバスが届いていないと騒ぎ出した。荷物を受け取ってきた土屋の助手の雨宮順平とやり取りをしている最中に、楽屋の入口にコントラバスのケースが立てかけてあるのが見つかったので、さっそく楽屋に運び入れたが、ケースを受け取ろうとした川田が予想外の重さによろめき、受け止めそこなったケースが床に倒れた。川田があわててケースを開くと、中に入っていたのはコントラバスではなく、バラの花弁に覆われたさくらの死体であった。

さらにさくらのハンドバッグから真珠の首飾りが紛失しており、代わりに読めない楽譜が1枚入っていた。読めない楽譜にまつわる事件として、5月に流行歌手の藤本章二が読めない楽譜を握ったまま殺されている。藤本は、歌劇団一行のバリトン歌手、志賀笛人の元弟子であった。しかし、さくら殺しと藤本殺しとの関連は不明であった。

一方、相良を追及したところ、東京駅でテナーの小野竜彦からバラの花束を贈られた際に楽譜が落ち、その楽譜を読んださくらは急に品川駅で下車して東京に引き返したという。実は、大阪のホテルにチェックインしたのは、さくらの指示で彼女に変装した相良であった。

さくら殺害現場については福島の曙アパートの一室が浮かび上がった。タクシーの運転手がコントラバス・ケースを乗せたのがこのアパートで、その部屋にコントラバスが置いてあるのが見つかった。さらに破れた砂嚢が転がっており、砂がいっぱい散らばっていた。さくらは絞殺されたのだが、その前に鈍器で頭を殴られており、死体には砂がいっぱい付着していた。これらのことから、この部屋でさくらは砂嚢で殴られて昏倒したあと絞殺されて、死体はコントラバス・ケースに入れられて運び出されたものと思われた。

ところが、聡一郎から事件の依頼を受けて大阪に駆け付けた由利と新日報社の三津木が、大阪府警の浅原警部たちと曙アパートに向かうと、そこで新事実が判明する。さくらは19日の夜に殺害されたことが判明しているが、問題の砂嚢はアパートに備え付けのもので、20日の朝には部屋のドアの前にあったのである。さらに、別のタクシーの運転手が、三越百貨店[1]横でトランクを乗せてこの部屋に運び込んだことも判明した。そのトランクも非常に重いものであったという。つまり、さくらの死体はトランクでこの部屋に運び込まれ、そこでコントラバス・ケースに詰め替えられた、そして転がっている砂嚢や散らばっている砂は、この部屋が殺害現場であると偽装するために使用されたものであったと思われた。

由利は、楽譜の暗号を「危険、途中より引き返し、愛宕下のアパートまで来たれ」と解読した。一方、品川駅で列車を降りたさくらは愛宕下のアパートに向かったものと思われた。さらに、20日の朝トランクを部屋に運び込んだタクシーの運転手が見つかり、その証言でトランクは大阪駅から運ばれたものであることが分かった。さらにチッキ係の控えを調べたところ、東京駅から受取人を土屋恭三として発送されていることも判明した。それで愛宕下のアパートを調べるために、由利と三津木は東京に戻った。

愛宕下のアパート「清風荘」の一室はさくらが本名の原清子名義で借りていたもので、由利たちと新日報社の三津木の同僚の五井が警視庁の等々力警部の案内で乗り込むと、そこで藤本章二の写真を見つける。同じ額縁の中には赤ん坊の写真も挟んであった。そこで、さくらは藤本の生みの母ではないかとの疑惑が生じた。そして、さくらが品川駅から引き返した証拠の品として、小野から贈られた花束から落ちたと思われるバラの花弁が見つかった。さらに、寝イスの下にはき寄せられたひとかたまりの砂の山を見つけるに及んで、この部屋が殺害現場に間違いないと思われた。

管理人と近隣の住人の証言で、さくらがその部屋を借りたのは藤本の死後の6月であること、その部屋にときどき若い男が出入りしていること、1度その男が玄関から出て行ったあとから小野がさくらを支えて出て行ったことがあることなどが判明した。さらにその若い男の服装は、上着の折り返しが色変わりになったフロックコートを着て細身のステッキをかいこんでおり、ソフト帽をまぶかにかぶり青めがねをかけ、マフラーで顔をかくしているというものであった。ところが五井がその男と1時間以上前に清風荘の前で出会ったという。

その話を聞くに及んで由利は三津木に、原さくら歌劇団の中でホテルからいなくなったものがいないか大至急調べるように言い、三津木がそれを調べさせるために社に電話すると、編集長から相良の姿が見えないこととともに、雨宮が殺されたことを聞かされた。知らせを聞いた由利と三津木は、再度大阪に急ぎ戻る。

出典:Wikipedia

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました